教えて!Q&A

Q&Aの内容:『2世帯住宅の電気配線工事について』


質問

2世帯住宅の電気配線工事について
投稿日: 2010-09-21 08:31:37
実家の両親の家をリフォームし、1Fを親世帯2Fを子世帯の2世帯住宅とする予定です。
現状は1Fにリビング、和室、洋室、キッチン、バス、洗面所、トイレがあり、2Fには寝室3部屋と書斎1部屋とトイレ、洗面所のみあります。広さは1F100㎡、2F75㎡です。
今回のリフォームでは2Fに玄関、キッチン(IH導入)、バス、を新設します。現在の電気契約は50Aとなっており20回路の分電盤がついております。

そこで、電気配線工事について下記の点をお教えいただければと存じます。

1.電気配線工事はどのような方法がありますでしょうか(契約を分ける、子メーターをつける等、何もつけないで分電盤を1つ?)?

2.1工事ではどの方法が一番工事費用を抑えられるでしょうか?もしお分かりになればおおよその金額もお教えください。

3.1に関連しますが、分電盤を1F2Fあわせて1つとすることは可能でしょうか?

4.子メーターを付けるためには費用はどの程度かかりますでしょうか?

私(嫁)としては、親世帯との電気料金を把握したいため、2契約とした場合と子メーターをつけた場合とを考えておりますが、両親はそれぞれの電気使用量がわからなくても分電盤が1つで工事費用をできる限り抑えたいようです。よって、どのような方法があるのか、また専門家の方からのアドバイスをいただければと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
投稿者: そらみ

回答

回答No.1: 2世帯住宅の電気配線工事について
投稿日: 2010-09-22 11:43:41
1、は契約を分けた方がよい。(電気の使用量が違うと思う。)
2、は施工する工務店に聞いてください。(現地を調査しないと判らない。)
3、は分電盤は1つにすることは可能ですが、回路数が多くなり又契約容量が大きくなり
 ます。
4、は子メーターについては施工工務店とご相談ください。
投稿者: 株式会社 山口技建
会社名: 株式会社 山口技建
所在地: 東京都
会社PR: 皆様に、より良い情報と、よい住まい作りをご提供し続けることが…
回答No.2: 本質は?
投稿日: 2010-11-03 11:27:06
このご質問の本質は、
親を説得する情報が欲しいと言うことですね。

つまり、奥様は電気使用量を把握したい=支払い料金を明確にしておきたい。
親御様は初期コストを抑えたい。

と言うことですので、親御様への説得材料は、
イニシャルコストとランニングコストの比較で回収期間を示してやる必要があります。
でなければ議論がかみ合いません。両者にとって一番良い答えは。

初期コストも安い。ランニングコストも安い。です。

しかし、それはライフスタイルによって変わりますし、契約形態(たぶんオール電化?)かどうかによっても大きく変わってきます。またお子様のご予定などでも将来の電気使用量はどんどん変わります。太陽光発電をつけるのかつけないのかという判断もあります。

結局、今合理的な選択をしているようでも、現実には不確定な前提条件で机上計算しているだけです。

それよりももっと本質的な部分でお互いに話し合いが出来ているのかどうかが一番大切ではないでしょうか?そうした所をクリアされてのご相談であれば、まだ、良いのですが、逆にそういう部分がクリアできているご家庭はこの手の相談はされないと思います。


お互いの気持ちのどこかに「住んであげる」「住まわせてやる」という気持ちがあって、それに納得ができていないと、後々に細かい不満を見つけてはケンカが絶えなくなります。

個人的にはご実家に住まうのであれば、ご両親の顔を立ててやる位置をどこにもっていくかをまず考えて、そこでは全面的に受け入れていくことをお勧めします。もちろん自分が譲れないところは譲らないで上手に話を進めていきます。こういう部分まで工務店さんとよく打ち合わせをして間に入ってもらう事がとても重要です。「直接言うと角が立つので、工務店さんから上手に提案して欲しい。」という要望は大変多いです。

過去、お嫁さんが、私たちにはご両親と話し合って決めたといっていた扉のカギひとつで、その後断絶状態になってしまった2世帯住宅がありました。もちろんこれが原因ではないのです。それまでの普段の付き合いから家づくりにまで、小さな不満がカギという象徴で集約されて、ついに爆発してしまったのです。

話し合いの結果、譲れない部分でお互いに納得ができないようなら、一旦白紙に戻して止めることも大切な事です。家は家族の幸せのために住まうものであって、生活防衛というコスト面を重視して簡単に話を進めると、本来の目的とは全く正反対に進む事が少なくありません。

苦しくても何とか真面目に働いて自力で家を持つ事が本当の幸せになるかもしれません。

直接のお答えになっておらず、申しわけありません。
そんな事は分かっている上でのご相談であればお詫びいたします。
投稿者: 株式会社 マンエイ
会社名: 有限会社 マンエイ
所在地: 愛知県
会社PR: 私たちは、住宅リフォームを通じて、当社に関わるひとりひとりの…
このQ&Aをお気に入りに登録する
このページの先頭へ